2010年05月14日

白樺ガス田 出資5割超、中国に 政府方針 先行開発を配慮(産経新聞)

 政府は12日、東シナ海のガス田共同開発問題で、日本側の出資で合意している「白樺(しらかば)」(中国名・春暁)ガス田について、出資比率の5割超を中国側に譲る方針を固めた。中国が先行開発してきた白樺で対等の権益を得るのは困難と判断したためだ。中国側により多くの権益を認めることで、開発内容を定める条約締結交渉の進展を図りたい考えだ。

 しかし、掘削施設を完成させた中国側の対応を是認することになりかねず、批判は避けられない。

 東シナ海のガス田開発をめぐっては、自民党政権下の平成20年6月、中国が単独開発を進めていた白樺で、中国の国内法に従い、開発に当たる中国企業に日本側が出資することで日中両政府が合意した。日本側は生産される天然ガスを出資額に応じ受け取る。

 ただ、5対5の対等条件での共同開発とした「翌檜(あすなろ)」(同・龍井)周辺海域とは異なり、白樺の出資比率では合意しなかった。「楠(くすのき)」(同・断橋)、「樫(かし)」(同・天外天)は継続協議となった。

 白樺は日中の境界線(日中中間線)の中国側にあるが、ガス田の地下構造が日本側までつながり、開発が始まれば日本の資源も吸い取られる可能性が高い。このため自民党政権下では「国家主権の問題であり、出資比率は五分五分で折半するのが筋だ」として、対等条件を目指すべきだとの声も多かった。

 これに対して鳩山政権では今年に入り、過去の交渉内容などを関係閣僚で精査。その結果「共同開発と出資は異なり、交渉経過からも権益の折半を主張するのは難しい」として、5割超の権益を中国側に認める方針を固めた。

 岡田克也外相は15日に韓国で開かれる日中韓外相会談にあわせ、中国の楊潔●外相と会談する。岡田外相は1月の楊外相との会談でも早期の条約締結交渉入りを要求したが、今回の会談でも新たな方針に基づき、ガス田問題で事態打開を目指したい考えだ。

 もっとも、中国側は白樺ガス田について「中国の主権の範囲内であり、共同開発とは関係ない」との立場を変えていない。

 日中両政府は今月4日に合意後初の局長級協議を北京で開いたが、中国側は条約締結交渉入りに応じなかった。

●=簾の广を厂に、兼を虎に

【関連記事】
「白樺ガス田は中国の主権」 中国が日中外相会談での発言を公表
中国、掘削施設完成 開始なら政府抗議 白樺ガス田
白樺ガス田に中国船 重大な懸念申し入れ
高効率発電で中韓と対決 Jパワーなどジャワ島石炭火力応札
“中国の映画村”で工場爆発 有毒ガス漏れ千人に中毒症状

不動産会社社長ら逮捕 介護マンション契約金詐取疑い(産経新聞)
スポーツ店で偽クーポン、大阪市職員装い1万枚(読売新聞)
堺の虐待死「腹にひざをのせて圧迫」 男を起訴(産経新聞)
ヤンマーに石綿含有で回収指示 大阪労働局(産経新聞)
<公務員法案>強行採決「総人件費2割減」示さず(毎日新聞)
posted by ヤダ タダアキ at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。