2010年05月28日

インフル定点は横ばい(医療介護CBニュース)

 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、5月10-16日の週は0.08で、前週と同じだったことが21日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。警報レベルを超えた保健所地域、注意報レベルのみを超えた保健所地域は前週に引き続き、いずれもなかった。

【インフルエンザ定点あたり報告数詳細】

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、佐賀(0.56)が最も多く、次いで山口(0.44)、広島、沖縄(共に0.29)、山梨(0.23)、岡山(0.21)などの順だった=表=。

 4月5日-5月9日の5週間に分離・検出が報告されたインフルエンザウイルス68件の内訳は、新型64.7%、A香港型8.8%、B型26.5%だった。


【関連記事】
インフル定点、2週連続で減少
昭和大で新型インフル集団発生―山梨県発表
新型ワクチンの集団接種を提言―厚労省総括会議
全国一律の対策に批判相次ぐ―新型インフルの「医療体制」を検証
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議

雑記帳 相続問題を落語で(毎日新聞)
<面会権侵害>任意聴取容疑者の面会拒絶は違法 東京地裁(毎日新聞)
<四日市市議>ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」(毎日新聞)
<皇室>皇太子さまスウェーデン訪問へ 雅子さまは同行せず(毎日新聞)
はるか遠い未来の植物との暮らし、伊勢丹新宿店に(Business Media 誠)
posted by ヤダ タダアキ at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。